長崎で揃えておきたい災害用食品は日頃から食べ慣れている食べ物を選ぼう!

災害用食品一覧

長崎に住んでいると、災害には合わないと過信してしまう程、大きな地震も起こりません。

でも、今の日本列島を見ていると、どこで何が起こってもおかしくない異常気象です。

そこで私自身も災害が起こった時の為に用意している中から今回は日頃から食べ慣れててほしい缶に入ったパンをご紹介します。

数年前にテレビで紹介され、一気に人気商品になりました。

どんな味か知りたい、本当に美味しいの?

缶詰になったパンって高いんでしょう?

そう思う興味がある方へ、詳細にご紹介しています。

スポンサーリンク

ボローニャの缶に入ったパンは思った以上に味がある

ボローニャパン、猫のパン?そう思った方はこちらをご覧になってください。
ボローニャ公式サイト

6個入りを注文したのですが、段ボール箱に入れられ、その上からプチプチで包んでありました。

ボローニャ箱

中を開けると6個入ってます。

ボローニャ箱の中

初めて食べる方は、3種類入った3個入りを注文するのもいいですね。

食べ過ぎると飽きてくるのがパンですが、パンを缶詰にしていて、非常食品としても人気があるんです。

災害が起きた時に注文しても直ぐに届きませんから、災害用として用意されるのであればパンに限らず早めに購入しておいた方がいいです。

パンが好きなので、私は非常食として置いています。

今回は、プレーン味、チョコレート味、メープルシロップ味の3種類のボローニャの缶詰パンをご紹介したいと思います。

ボローニャ3種類

缶のまま測ったら170gありました。大きさの詳細は以下をご覧下さいね。

・1缶:170g
・お値段:1個 400円

★チョコレート:45g
★プレーン・メープル:50g
★大きさ:直径ほぼ6cm
★高さ:4cm

プレーン味はしっとり感が高くて美味しい

何と言っても最初にご紹介したいプレーンのボローニャ缶のパンです。

ボローニャのプレーン

缶に貼ってあるパン生地の画像が美味しそうに見えてます。

缶を開ける時、缶切りは要らないとなってますが、結構、硬いフタになっているので私は缶切りも使いました。

フタを開けるときに缶切り使用

缶切りでぐいっと上げると簡単です。

ボローニャのフタを開けるところ

ここから垂直に上へ上げていくと、カチッという音がしてきます。ここまできたら、後は少し力を入れてゆっくり剥がすようにしていくと開けられます。

ボローニャのフタの開け方

意外と最初の音がするまでが硬めなので、女性は時間がかかるかもしれません。

非常食として地方に送られる方もいっらっしゃいますが、フタは硬めになっているということをお伝えした方がいいです。

中のパンを見ていきますが、小さめのパンが2コ入ってます。

入っていた状態はこういう風に逆さまに入れられているんですよ。左にパン2個重ねて入れてあります。

ボローニャ缶から出したパン

小さ目の形ですが、手で触ると紙に付いている油を感じます。

ボローニャ、プレーン味のパン

紙を取ると生地が紙に残らずいい感じですね。

ボローニャ、プレーン味1個

プレーン味を半分に切ってみると、デニッシュ生地の層が多いので食感がとても良さそうです。

半分に切った断面

プレーン味の香りは特に特徴もなく、パンの香りがしているだけです。

私は非常用として購入したので缶から出したら、直ぐにいただいてますが、電気が使える災害時ではオーブンで焼いていただくのも美味しいそうです。

電気が使えなくて卓上コンロがあるのであれば、フライパンで少し焼くと更に美味しくなります。今回はそのままいただいてます。

手で簡単に切れるので小さいお子さんも食べやすいと思いました。

断面のアップ

味はデニッシュパンのような感じですが、パサパサ感も多少ありますが、思ったほど、食べにくさはありあません。

手で切る

思っていた以上に味が良く美味しいプレーンのボローニャでした。

意外とアッサリしているので飽きない味に仕上がってます。

◆ボローニャ・プレーンの成分 1缶分(2個)
エネルギー:355cal
タンパク質:7.2g
脂質:14.2g
炭水化物:49.6g
食塩相当量:1.0g

アレルギー物質も含まれているので食べる前に確認して下さいね。

アレルギー表示

ボローニャ・チョコレートはチョコレートの香りもなし

チョコレートだ!そう思って食べたらがっかりするボローニャのチョコレート味缶。

ボローニャのチョコレート味の缶詰

それでもチョコレートが好きな方には嬉しいパッケージとなってます。(見た目だけ)

開け方はプレーンでご紹介したのでチョコ味のボローニャは缶から出したところからご紹介しますね。

ボローニャのチョコ味のパン2個

匂いがあまりにしないので、鼻を近づけたのですがパンの香りだけしています。

紙カップを取ると香りがしてくるかも~?!

見た感じはマーブルチョコ状態なので美味しそうです。紙を取る時は、重なっている縦の線から取ると上手く取れますよ。

パンを包んでいる紙カップ

紙をゆっくり取ったほうが上手く生地が離れます。

ボローニャのチョコレート味の表面

紙をしっかり取りましたが、香りは変わらず同じでチョコレートの香りはしてきません。

紙を取った1個

半分に切ると香るかもと思い切ってみましたが、変わらず。おまけに切る方向を間違えたので層は見えず、ただのパンに。

半分に切る

仕方ないので更に半分に切ってみると、キレイな層が見えてきて美味しそうですね。

更に半分に切る

いただいてみると、どこかしらチョコ風味が味わえるという感じです。それにプレーンに比べると賞味期限は同じなのにパサツキ感が高いです。

不味くはないのですが、どうでもいい味と食感です。

これは人気があまり出ないだろうなと思いつつ、いただきました。

ボローニャのチョコレートにもアレルギー物質は含まれてます。

チョコ味のアレルギー成分

◆ボローニャ・チョコレートの成分 1缶分(2個)
エネルギー:360cal
タンパク質:6.6g
脂質:16.1g
炭水化物:47.1g
食塩相当量:0.8g

ボローニャ・メープル缶は開けた時から香りが強い

メープルシロップが使われているボローニャのパンです。

メープル味缶

缶を開けた途端、香りがしてきます。甘くて良い香りなんですよ。

メープル味2個

紙は相変わらず、油が少し手に付いてきますがふんわりした生地の触感が紙から伝わってきます。

メープル味の紙を取る

香りが良いので早く食べたくなってきます。

半分に切ってみると、中にはシロップと生地が絡んだ状態がみえてくるんです。

メープル味半分

アップでみると香りからメープルと分かっていますが、とっても美味しそうですね。

メープル味半分アップ

いただいてみると、味もメープルシロップの味がしてて美味しいです。ちょうどチョコレートとプレーンの中間くらいの食感だと思います。

プレーンは層が多くて食感もとても良く、チョコレートはちょっとパサツイてました。

真ん中あたりの食感なので食べていて食べやすく美味しいです。

甘さはそれ程ありませんが、やはり香りが効いてるという感じがします。香りも味の一部分なんですね。

メープル味にもアレルギーの物質がありますのでご確認になって下さいね。

メープル味のアレルギー成分

◆ボローニャ・メープルの成分 1缶分(2個)
エネルギー:364cal
タンパク質:6.9g
脂質:14.0g
炭水化物:52.6g
食塩相当量:0.8g

ここまで3種類のボローニャのパンをいただきました。

やっぱり美味しくてオススメは、プレーンです。ボローニャらしさが出ていて食感も味も良かったです。

半分に切った3種類のボローニャを並べてみました。

チョコレートのみ45gですが見た目は、ほぼ変わりません。左からプレーン、チョコレート、メープルとなります。

3種類比較

非常食は何をどれだけ用意するといいの?

私は現在、準備しているのは、缶詰が多いです。それに加えて水16本、お茶6本。

温めて食べられるご飯も買っていますが、その後、色々調べるうちに分かったのは、火を通さずに食べられてエネルギーにもなるお粥が良いと分かりました。

お粥の場合はレトルトで鍋に入れて温められるものですが、そのままでも食べられる物がいいようです。

冒頭にも書かせていただきましたが、非常食は日頃から食べているものが良いそうなので、豆の缶詰やシーチキンも置いてます。

サバ缶、これは食べてみて自分に合う味かどうか確かめて決めました。どのメーカーも同じような味だったのですが、味付けが濃いと嫌なので薄めの味付けを選んでます。

色々、食べ比べしているので、今夜のおかずは「非常食のみ」という時もあり便利だな~と思いながら味わってます。

それに加えてお味噌汁も買ってみたのですが、これは失敗です。お湯を沸かさなければならないお味噌汁で更に入れ物も必要となるものだったので今後はカップのお味噌汁を揃える予定です。

お味噌汁だけではなく、スープなども用意するのも良いですね。

ゆで小豆も置いてますが、甘いものを食べたいときやお饅頭を作ったときにも使っているので日頃から何かと重宝してます。

買うときには賞味期限をしっかり見てから購入相ましょうね。

今回のボローニャのパンは3年4ヶ月です。缶の底に記してあります。

ボローニャの賞味期限表示

それに忘れてはいけないものでサランラップがあります。

サランラップの使い方は、洗わないで済むようにお皿の上に敷いて使うといいそうですよ。

また、電気が使えなくなった時の冷蔵庫は、なるべく開けないで冷凍庫の物を冷蔵庫に入れることで2日間は冷やされているみたいです。

こういう事を知ってから、買いだめしていた私は買いだめ内容を非常食にしました。

最低3日間の非常食を用意するのが良いとされてますが、全国の被災地を見ていたら最低1週間分は必要だと感じました。

スーパーに行った時、ついでに買って揃えておくことをオススメします。

ボローニャの缶に入った非常食のまとめです

ボローニャが売れてから、他のメーカからも非常食用パンが発売されてます。今回はボローニャだけをご紹介しましたが、機会があったら他の物もご紹介したいと思います。

ボローニャパンのメリットは3年は置いて置けることです。その分、お値段が高いのですね。

今回、ご紹介したボローニャパンは公式サイトで買っていません。送料込みになっていたアマゾンで購入しました。

こちらからどうぞ!!

先に書いた非常食は日頃から食べているものから選ぶ大切さがあります。

そこから考えてもパンが必要と感じるのであれば食べてみることも大事ですね。

毎日、食べなくても置いておくことで安心できる面もあります。

おいしい缶詰があっても人により甘すぎるとか味が薄いなど感じる部分です。

ですから、ご自分で日頃から食べている食品ほど非常食になっても飽きないで過ごせるという面があると聞きます。

火を使わない食べ物や冷たいままの食べ物に慣れておく必要があると言ってるのではなく、日頃から関わっている食品なら乗り越えられる自分でいられると言うことなのかなと思います。

正直に言うと、缶詰の魚など食べたことがない私でした。買ってはいたものの食べられなかったんです。

でも、食べてみたら意外と美味しくて驚きでした。

食べ慣れることの大事さ、日頃から何でも食べられるようにならないといけないと感じている毎日です。

お肉が大好きなのですが、手に入りやすい長崎のスーパーで色んな非常食にできそうな物を買って食べ比べしています。

また美味しいものがあったらご紹介させて下さいね。

スポンサーリンク