長崎中華街でランチするなら王鶴がおすすめ 日替わりは2種類 酢豚と皿うどん

長崎新地中華街でランチする時はどのお店に入ろうか考えてしまう時がありますね。

そんな時は日替わり定食が2種類から選べる王鶴をおすすめします。

長崎中華街ではランチを提供しているお店は少ないです。

中華街なのでちゃんぽんや皿うどんなど単品ならいつでも食べられますが定食やランチだとサラダやデザートまで付いててお得感があります。

王鶴のランチはご飯、スープ、サラダ、メイン(今日だと酢豚)お漬物、デザートがあるんです。

炊きたてのご飯も美味しくデザートの杏仁豆腐もとろっとしてます。

お店はどんな雰囲気?

入りやすい?

ランチの量は?

そういう事を詳細に書いているので参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

今日の2種類は皿うどん定食と酢豚定食

皿うどん定食を見た時、食べられそうになかったという事と、酢豚が食べたくなり酢豚定食を選びました。

注文してから10分ほどで酢豚が運ばれてくると甘酸っぱい香りで包まれます。

ふわっとご飯の香りもしてきましたよ。見てみると、とてもキレイなんです。まだ触ってないのですが器に乱雑に入ってますね。

スープには卵が入っているようです。

サラダはエビせんべいが1枚入れてある所がステキです。

お漬物は2種類で高菜漬けと右は瓜のような食感で美味しいです。

デザートは3、4cmくらいなので3口で食べられそうです。

酢豚には豚の角切り肉が5つ入ってます。注文してから来るのが早かったので豚肉は冷めているのかなと思ったら熱々なんですね。

いただいてみると、酸味が程よく効いてて美味しいです。

パプリカとピーマンと人参と玉ねぎがサッと炒めてあるので甘味が出ていて美味しいです。

ご飯は大き目の丼に入ってますが、熱くて持てません。炊きたての香りがして食べみてみると固くもなく柔らかくもなくちょうど良い炊き方なんですね。

スープはアッサリしすぎる程、味を感じないスープで卵がひらひらしてて、なかなかすくえません。

サラダはごまのドレッシングが最初からかけてあります。

レタスやパプリカ、玉ねぎ、下の方には大根の千切りが入っているんです。

シャキシャキする食感で新鮮さが味わえます。

デザートの杏仁豆腐が美味しいのでペロッと食べてしまいました。

今回は王鶴で初めて酢豚をいただきましたが、スープ以外はとても美味しかったです。

◆お店の情報です。
王鶴
長崎市新地町12-3
電話:095-822-2668
営業時間:11:00~15:00  18時00分~22時00分
定休日:不定休
酢豚定食:750円

スポンサーリンク

王鶴の日替わりランチのまとめです

日によってランチメニューが変わりますが50食限定なのでちょっと遅くなったお昼は売り切れている時が多いんですよ。

お店の雰囲気も良く定員さんの対応も優しいです。

たまーに、とんでもないお店がありますが、王鶴は中華街の中でも対応が丁寧な方だと思います。

お客さんも多いので素材の回転も速い分、新鮮な物を安心して食べられるお店です。

一人で入っても席を案内して下さいます。

ランチの量は女性なら超満腹になるのではないでしょうか。

男性の場合は丁度良いくらいだと思いますが沢山、食べられる方には足りないかもしれません。

今日も美味しくいただきました。

長崎中華街で食べたランチ情報です。美味しいお店や不味いお店が分かりますよ。
◆【長崎新地中華街】食べ歩きマップとランキング【ランチ編】

おごちそうさまでした。

スポンサーリンク