2020年・長崎の日之出饅頭店のかんころ餅は美味しさ変わらずつぶつぶ感が減少?! | 長崎のおみやげ(名産)

長崎のカステラや桃カステラ、よりより、角煮まんじゅう、かんころ餅をご紹介。

2020年・長崎の日之出饅頭店のかんころ餅は美味しさ変わらずつぶつぶ感が減少?!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
長崎のグルメの食べ比べ・長崎のお店を中心に実際に食べた感想、味のご紹介。不味い店や美味しい店をお伝えしています。

長崎のかんころ餅の味が年々不味くなっていく中、日之出饅頭店のかんころ餅に驚いた食感を感じた昨年。

そのままでも食べられるし焼いても美味しい饅頭店ならではの食感と味。

おすすめした食べ方は半生でした。

長崎の饅頭屋のかんころ餅の味は面白い-食べ方必見の日之出饅頭店

今回は丸ごと焼いて食べてみましたが、味は甘さ少し強めになってゴロゴロ感、つぶつぶ感が思ったほどなかったです。

それでも口の中で感じる干し芋の食感もあり満足な一品です。

無表情なおじさんも変わらず、かんころ餅の味も変わらず、いい感じです。

安いだけじゃない味も保証できる日之出饅頭店のかんころ餅のご紹介です。

スポンサーリンク

特別な味を出しているわけではなく工夫されたかんころ餅

日之出饅頭店のかんころ餅を食べると感じるのは味だけじゃなく食感にも拘りがあるところ。

長崎って普通に中途半端なお店が多いと感じているので余計にそう思います。

売れればいい、そういう気持ちだけで作られている物は消費者にも伝わりますよね。

たかがかんころ餅一つの問題ではなく全てに言えること。

日之出饅頭店のかんころ餅は特別な味ではないのですが美味しく感じるのは愛情があるからだと勝手に思ってます。

お饅頭店の基本の味を守りつつ儲けも出さないといけません。

そんな中で消費者が満足する味と食感を出しているかんころ餅はこのお店だけかもしれません。

最新機器で大量生産されている味とは違う温もりのある味なんです。

焼いてから切るとびろ~と伸びるので和菓子に付いていたナイフみたいもので切りました。

黒っぽく見える生地はかんころのようです。

食べたくてたまらなかったので1本を食べてしまいました。

食前酒ではなく食前かんころ餅です。

美味しくいただきました。

◆商品の情報です
昨年とほぼ変わらない大きさ。

重さ160g
長さ:15cm
幅:6cm
厚み:2cm
価格:250円

◆お店の情報です
日之出饅頭店は路面電車で行く場合、公会堂前で降りて寺町方向に歩くと近いです。

日之出饅頭店
長崎市諏訪町8−2
電話:095-821-4852

日之出饅頭店のかんころ餅のまとめです

ボケてますがお店の陳列です。

お仕事や生活で疲れている時は甘いものが欲しくなりますね。

そういう時に行ってみて下さい。

かんころ餅だけじゃなく色々なお饅頭が販売されていてどれも美味しいです。

お値段が安いだけでなく味も保証できるので長崎では知らない方はいないと思います。

今の季節はかんころ餅も販売されているので食べてみて下さいね。

長崎もコロナ渦でお店が大変な状況だと思います。

ですが、美味しいお店、工夫できるお店は何とか続けて行けると思います。

簡単ではないと思いますが、それができるお店が存続できるのかもしれません。

日之出饅頭店はそういうところでも大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
長崎のグルメの食べ比べ・長崎のお店を中心に実際に食べた感想、味のご紹介。不味い店や美味しい店をお伝えしています。

Copyright© 長崎のおみやげ(名産) , 2020 All Rights Reserved.