長崎のカステラや桃カステラ、よりより、角煮まんじゅう、かんころ餅をご紹介。

長崎の亀屋のかんころ餅は美味しいの?が分かります!-亀屋饅頭

WRITER
 
長崎の亀屋饅頭店のかんころ餅画像
この記事を書いている人 - WRITER -
長崎のグルメの食べ比べ・長崎のお店を中心に実際に食べた感想、味のご紹介。不味い店や美味しい店をお伝えしています。

長崎のかんころ餅は今が売り時の旬。

長崎市内の築町にある亀屋饅頭店でものぼりを立てて美味しいと言わんばかりのお誘い。

亀屋の店頭には「新さつまいもを使用」と書いてあり買って食べてみたい意欲を湧き起こします。

亀屋のかんころ餅を以前も買って食べた記憶があり美味しくなかったので買うのを避けていましたが美味しくなっているかもしれないと思っての購入です。

ですが、一言で言うと餅粉が多くてかんころ餅の風味、味は薄いです。

饅頭店が作るかんころ餅は美味しくて当たり前というのは大外れ。

ここまでかんころの風味がないのも珍しい事ですが、これを長崎の名物、お土産で買われると辛い気持ちになります。

かんころ餅はもっと美味しいですし、こういうのをかんころ餅と言えるのか?という疑問。

亀屋のかんころ餅は普通に美味しいの?不味いの?普通なの?どんな味なの?

そう悩む方へ長崎の亀屋のかんころ餅の味をご紹介しています。

スポンサーリンク

長崎の亀屋のかんころ餅は甘いお餅と言った感じの味

長崎の亀屋のかんころ餅はこういうカンコロ色をしていて味は甘いだけというかんころ餅です。

亀屋のかんころ餅1本

かんころ餅というよりも、かんころ餅風とした方が良いと感じました。

亀屋のかんころ餅の切り目

亀屋のかんころ餅の味はタダの甘い餅というだけで、食感は、ほぼ、お餅です。白いお餅と少し違うのはボソッとした感じがあり、柔らかさを日持ちさせるためにお砂糖などを入れて作られたという感じが否めません。

このかんころ餅は焼いていません。

亀屋のかんころ餅を焼かないでちぎる

焼いてないかんころ餅ですが、手でちぎることができてそのままでも食べられます。求肥みたいな感じもします。

こういうかんころ餅を焼くとどうなるか焼く前から想像できますが焼いたら色が付いたお餅の様。

亀屋のかんころ餅を切って焼く

アップで見るともっとわかります。

亀屋のかんころ餅を焼いてアップ

焼く前と焼いた後のかんころ餅を比べてみました。

長崎の亀屋のかんころ餅比較

美味しいかんころ餅はどういうのかを知っていると、亀屋のかんころ餅は違うと言う方が多いと思います。

今回は亀屋のかんころ餅をいただきましたが、干し芋(かんころ)の風味を付けたタダの餅でがっかりしました。

こういう味を食べると前に食べたかんころ餅の美味しさがシミジミ分かってきます。
長崎の饅頭屋のかんころ餅の味は面白い-食べ方必見の日之出饅頭店

亀屋のかんころ餅の甘さは程々になっていますが、お試しに他店の味と上記にご紹介した美味しいかんころ餅を食べ比べてみたら歴然です。

長崎市民として今回食べてみた亀屋のかんころ餅は今の所、最低レベルの味だと言えます。

◆商品の情報です
重さ315g
長さ:18cm
幅:7cm
厚み:.52cm
価格:500円

◆お店の情報です
亀屋饅頭
長崎市築町5-4
電話番号:095-822-5539
営業時間:月・金 8:00-18:00
土・日・祝:8:00-17:00

スポンサーリンク

長崎の亀屋のかんころ餅のまとめです

お店はこういう感じで何でも美味しいという雰囲気を出しています。

長崎の亀屋饅頭店のかんころ餅画像

新さつまいもを使っているから美味しいのか?と言うと違うのだということが分かりました。

長崎の亀屋饅頭店のかんころ餅

長崎の築町という立地がとてもいいお店なのですが、もったいないです。もっと美味しいのを作って販売すれば飛ぶように売れると思うので残念で仕方ありません。

美味しいものをお伝えするときは私自身も嬉しくて書けますが、あり得ない味に出会った時は手が動きません。

でもお伝えしたいんです。こういう味があるという事と、実際に買って食べた今の味を残して置きたいからなんです。

量が多いいから良いのではなく味を求める時代だと思うので次回も楽しみにかんころ餅を買ってみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
長崎のグルメの食べ比べ・長崎のお店を中心に実際に食べた感想、味のご紹介。不味い店や美味しい店をお伝えしています。

Copyright© 長崎のおみやげ(名産) , 2019 All Rights Reserved.