ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトを作る~アイスバー絶品レシピ~

R-1ヨーグルトの免疫力がすごいのでヨーグルトメーカーで大量に作って食べたいと思い、種菌にするためにR-1ヨーグルトをコンビニで買ってきました。

毎日飲んだり食べたりするので手作りすると牛乳1L分は簡単にできてしまいます。

作ったヨーグルトは1週間の内に食べきるとちょうどいい量なんですね。その作り方とひと工夫した絶品レシピをご紹介させていただきます。

ヨーグルトメーカーって何?
簡単に作れるの?

そういう方にご紹介しています。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーで失敗しないで上手に作る方法とは

ヨーグルトメーカーの使い方が簡単なので牛乳パックごとヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーを購入しました。

今回、私が使ったヨーグルトメーカーですが、これは牛乳パックのまま温めてヨーグルトが作れます。

道具もそれほど要らないし、種菌はコンビニで買える、そういう理由から選んだヨーグルトメーカーはこちらです。

ヨーグルトメーカー1

これは簡単なので説明も要らないと思ったのですが、説明書を読むのが面倒な方の為に記しておきます。

箱に入っているのはヨーグルトメーカーと説明書と小さなカップになります。

ヨーグルトメーカー3

アマゾンで注文したら翌日、配達されました。↓↓↓こちらです。送料無料も嬉しいですね。

このヨーグルトメーカーの使い方は、まず新品の場合でも、雑菌が入りにくいように簡単に拭きます。

カップを使うのであれば、カップは熱湯消毒するように書いてあります。

この場合、80℃ほどのお湯で浸け置きにします。

漬け置きとは、カップよりも大き目の入れ物にカップを入れ、熱湯を注いで5分ほど置くという事です。

80℃以上の温度で浸け置きするとカップが熱で変形すると書いてあります。気を付けましょう。

漬け置き中です。

手作りヨーグルト33

熱湯に浸け置きした後は、自然乾燥させるのでお箸などでカップを取出し、(この場合、取り出すお箸も熱湯の漬けておくといいですね。)水分を切って置いておきます。直ぐに乾きますよ。

このカップは種菌を作る時や混ぜる時に使うようなので今回のように、市販のヨーグルトを使う場合は必要ありませんが、お砂糖を入れる方は、ヨーグルトとお砂糖をこのカップに入れて混ぜるといいですね。

小さ目なのでこぼさないように混ぜましょう。

作る準備ができたら、早速作ってみます。

スポンサーリンク

R-1ヨーグルトの絶品レシピ

ヨーグルトの種菌はR-1の飲むヨーグルトです。

明治ヨーグルト2

飲むヨーグルトでも食べるヨーグルトでもできますが、今回は飲むヨーグルトを使用。

その理由は牛乳パックの底までかき混ぜる柄の長いスプーンがなかったからなんです。

牛乳パックの牛乳から200ccだけ取出します。

手作りヨーグルト2

牛乳パックに残った800ccにR-1飲むヨーグルトを入れます。

手作りヨーグルト31

混ぜなくても大丈夫なので、そのまま牛乳パック用キャップで閉めてヨーグルトメーカーに入れます。

手作りヨーグルト4 手作りヨーグルト5

スイッチオン。こんな風に明かりが点きます。

◆入/切のイッチを押してプレーンを押すと電源ランプが点灯してきます。

手作りヨーグルト7

1時間後、ヨーグルトメーカーを触ってみると温かくなってます。蓋の部分も蒸気がついてますね。

手作りヨーグルト6

8時間経つと、スイッチは切れます。

出来上がったかどうか分かるのは、ヨーグルトメーカーから出す時、牛乳パックの横が膨らんでいるんですね。

持つと分かるのですが、通常の牛乳を持った時と触った感じがふっくらしています。それを感じたら手作りヨーグルトの完成です。

そのまま使わずに冷蔵庫に最低、1時間から数時間ほど入れておくと完成です。

冷蔵庫に入れる理由は、冷やすことでもっと固まるからですよ。

私は2時間ほど冷蔵庫に置いて取り出してみました。こういう感じになってます。

手作りヨーグルト32

スプーンですくってもしっかり市販のヨーグルトと変わりありません。

手作りヨーグルト8

自分でヨーグルトが作れるなんて感動!ですよ。(実際はヨーグルトメーカーが作ったのですが)とても嬉しくなります。

味をみてみたら、お砂糖を入れてないですが、ほんのりした甘さがあります。
これに色んなフルーツを入れて食べたら美味しいでしょうね。

家にあったブルーベリーを入れてみました。

手作りヨーグルト10

小瓶に入れてもオシャレですね。

手作りヨーグルト9

ミントの葉を上にのせたてみたら涼しそうになりました。

今回はヨーグルトメーカーで作った自分だけのオリジナルヨーグルトをご紹介しました。このヨーグルトメーカーはカスピ海ヨーグルトも作れて便利です。

普通のヨーグルトから作る事もできるので是非、お試しになってみて下さい。

毎日食べるならヨーグルトメーカーを買った方が安くつきます。それに自分好みの味にできるところが良いですね。

スポンサーリンク

絶品!手作りマンゴーヨーグルトアイスバー

マンゴーを入れたアイスバーをヨーグルトを入れて作ります。

★材料
・手作りしたヨーグルト、間に合わない時は買ったプレーンのヨーグルト 100g
・ココナッツミルク 100g
・マンゴーの果肉・缶詰 100g
・お砂糖 30g

ボウルにヨーグルトとココナッツミルク、お砂糖を入れて良く混ぜます。切ったマンゴーの実を、ボウルに入れてサッと混ぜます。

マンゴーバーアイス3

これを容器に入れて冷凍したら、マンゴーのアイスバーができます。

マンゴーバーアイス21

今回はマンゴーを入れましたが、中に入れるフルーツは何でも大丈夫です。

お好みにできるところが手作りならではですね。ココナッツミルクを入れたのでヨーグルト味と混ざりとても風味豊かなアイスバーができるので気に入ってます。

マンゴーバーアイス1

これは100円ショップのアイスバー用です。これでも十分にできるのでいいですよ。
マンゴーのアイスバーができたら、またアップさせて頂きますね。

アイスバーができたのでアップさせて頂きます。
よく固まってますね。味は甘さもちょうどよく美味しかったです。

手作りアイス

ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトのまとめです

最初にヨーグルトメーカーを購入するのに少々お金がかかってしまいますが、ヨーグルトをよく食べるようになると風邪もひかなくなり、花粉症も軽減されると聞きます。

日頃から手作りで作る事を覚えたら夏にはアイスも作って食べられます。自分で作ったヨーグルトは尚更美味しく感じると思います。

ヨーグルトメーカーには色んな種類がありますが、初めての時は今回ご紹介したヨーグルトメーカーで十分だと思います。毎日作れるし、電気代もそんなにかかりません。

今回、ヨーグルトを作ったメーカーはこちらです。↓↓↓

今日もおごちそうさまでした。

スポンサーリンク