カステラがスイーツになって「ふわとろ」半熟 生カステラは森長~”るるぶ”

外はふわっとしていて、中はとろっとしているのは半熟の生カステラだからです。

2009年の発売から30万個の売り上げがある人気商品なんです。

カステラだけど洋菓子のスイーツのような見た目と味わい。

一度食べたら忘れられない味になりそうですよ。

半熟生カステラはどんな味?

通販でも買えるの?

そんな時の参考にして下さいね。

スポンサーリンク

半熟 生カステラはこういう味

カステラの半熟ってどんなもの?そう思った方も多いと思います。

ガトーショコラを思い起こせばなるほど!そう思うかもしれません。ガトーショコラは生地が層になって出来上がります。生地が膨らんでしぼむ。これと同じようですよ。

しぼんだ生地は生焼けのようにとろっとしています。実際、生焼けなんですね。
とろっとしているでしょう?

半熟生カステラ切り口2

これは、レンチンしたものです。冷蔵庫に入れたままだと、こうはなりません。
レンチン20秒ほどかけたらとろっとしてくるんですよ。それ以上だと生地が固まって不味くなります。

レンジにかける前はこういう感じなんです。

半熟生カステラ34

この半熟生カステラは、どこから発想したのだろうと思ったら原型はパンデローなんです。ポルトガルの元祖カステラなんですね。その作り方はこちらにありますが、現在のカステラの材料とほぼ同じです。作り方はcookpadさんにあったので載せておきますね。cookpad

おまけに森長さんの半熟生カステラはコラーゲン入りになっているので余計、とろっとしているようです。とろ~りとした生地の中にもコラーゲンがたっぷり入っていますよ。

半熟生カステラ切り口3

新鮮な卵と砂糖と小麦粉を混ぜ合わせ、火加減に注意しながら焼いているのが半熟カステラです。火加減が難しそうですね。焼き過ぎると半熟ではなくなりますからね。

冷えたそのままを切ってみると、しっとりした感じが分かります。
ねっとりしているので切りにくいです。

半熟生カステラ32

普通のカステラならもっと切りやすいのですが、感触が全然違います。

レンジで温めると、黄金色のとろっとした様子が分かります。キレイな色ですね。

半熟生カステラ切り口1

落ちてきそうにねっとりしていてフォークですくうのもやっかいなほど粘り気があります。

一口食べると、なるほど!こういう事だったんだと分かる味。

カステラ本来の味を無くさず、粉を少な目に入れ、ねっとりするようにコラーゲンまで入れているわけです。甘さは控えめで幾らでも食べられそうですよ。生地がふんわりして優しいんですね。

温めると卵の味が強くなるので味は濃く感じます。冷たいままの半熟生カステラの味は薄く感じるのに、温めただけでこんなに変わってくるものなのですね。

半熟生カステラ31

とことんまで膨らみしぼむので生地自体は軽い食感です。とても食べやすい新感覚のスイーツという感じ。

こうやって見ると、ふわとろが分かりにくいですが色が濃い所がとろっとなる所で色の薄い所がふわっとしています。

半熟生カステラ35

半熟なので新鮮な材料を使っているんですね。

半熟生カステラ材料名

今回ご紹介した半熟生カステラはプレーン味です。その他にも種類があるようです。るるぶに載っていました。P62です。他の味はショコラ、Wチーズ、メープルです。

半熟生カステラるるぶ

るるぶはこちらです。

スポンサーリンク

森長の半熟生カステラのまとめです

今回も美味しく頂いた半熟の生カステラですが、この半熟カステラは好き嫌いがはっきり分かれるかもしれません。

変わった味ではないのですが、半熟のところが苦手だと感じるかもしれません。

半熟なので卵の味が割とします。食感はいいので一度、お試しになってみて下さい。

森長はこちらにあります。菓秀苑 森長

私は意外と好きな味でした。甘さもほどよくて食べやすかったですよ。

今日もおごちそうさまでした。

スポンサーリンク