【長崎皿うどん】選り取り見取り 本物の味ならここがおすすめ【7店の評価】

長崎グルメの皿うどんは細麺から太麺までありますが、今回は細麺を実際に食べた感想と味の評価をしています。名店と言われているお店の皿うどんの見た目から味、お店の雰囲気をお伝えしています。美味しくて入りやすいお店が分かりますよ。

スポンサーリンク

思案橋の天天有と眼鏡橋の近くの共楽園、味は関係なくどちらも人気

tentenkyouraku33

天天有は昔からある有名店です。場所だけにお酒を飲んだ後に皿うどんやちゃんぽんを食べる方が多いと聞きます。

一方の共楽園は場所的に観光客向けの味と言えるでしょう。地元の目線で見た場合、見た目も味も良いとは思えません。本物の味をお伝えするのは難しいですが、食べてきた記憶を辿り、食べながら思い出してます。

観光に来られた時、または長崎で住んでいて皿うどんが食べたい時にご活用いただければ嬉しいです。

長崎のおすすめ皿うどん「天天有」と「共楽園」見た目から違う本物の味

長崎新地の中華街で食べる皿うどんのおすすめ店

saraudon

新地中華街にある蘇州林でいただく皿うどんはとても美味しいです。細麺がパリパリしていて食感も良く香ばしい。麺が細いだけで美味しくないお店もあるのですが、蘇州林の麺は美味しいです。

中華街で食べるならここに決まりです。たかが皿うどんですが、麺と餡かけの相性が大事な部分ですね。麺が幾ら美味しくても餡かけが不味いと皿うどんは不味くなります。

中華街は大好きな場所なのでよく行きますが、いつも観光客で満員の状態です。時間を少しずらすと待たずに食べられるので一度、お試しで行ってみて下さいね。

長崎グルメの皿うどん 食べるなら中華街の極細麺をおすすめ~まっぷる

地元でも人気なのはお店の雰囲気

suzuya33

寿々屋の皿うどんは人気なのですが、人気の秘密その1は、量がとても多くて1人前で2人分~3人分ほどあるところでしょうか。

どのお店と比べても量が多くて困るほどなんですね。寿々屋に行くときは分け合って食べる事をおすすめします。

店内には稲荷寿しやちらし寿司も販売しています。惣菜もあるので皿うどんを分けて惣菜をいただくのもいいですね。

丁寧に作られた皿うどんは評判が良く、おすすめですが、細麺は固いです。お店の雰囲気は、ゆっくり過ごせる感じなのでご家族で行くといいと思います。

安くて美味しい長崎の皿うどん、おすすめは「寿々屋」~るるぶ

スポンサーリンク

おすすめしたくない中華街 桃華園の皿うどん

toukaen33

どう表現したら、この味が伝わるのかと記事を書くのにとても苦労した桃華園の皿うどんの味です。不味いと一言で済ませれば何事も終わってしまうので面白くありませんね。

書かないでおこうとも考えた皿うどんですが、行って失敗した味と言うのは大事な部分ですね。不味いと分かっているなら、言ってよねー!となりますから。

超腹ペコで2日間ほど何も食べてなかったら食べられるかもしれないと私は思いました。5口だけの食レポです。それ以上は無理でしたという皿うどんの味をご紹介しています。

長崎新地中華街「桃華園」の皿うどんは覚悟して食べるべし

ランチにちょうどいい皿うどんのセット

chukaen33

長崎の新地中華街にある中華園。真っ赤な看板がやけに目立つお店です。その色が美味しいぞと言ってるんですね。

実際は普通だったわけなのですが、ま、こんなものでしょう。というお店が長崎には多いので、その一つだと思って下さったらいいです。

でも皿うどんセットなので一度に2種類の味が味わえるのはいいですね。

長崎中華街のランチ情報 皿うどんとチャーハンのセット~中華園

三八ラーメンの皿うどん

sanpachi33

三八ラーメン店を知らない人はいないでしょうという程、地元の方には有名店になります。三八のラーメンとおでんが大好物だというお友達がいて、三八に行くと決まってラーメンとおでんを食べています。

ラーメンの味は分かっているので皿うどんを食べてみました。細麺が美味しかったですよ。行った方には分かると思いますが、三八の皿うどんの量も多いので私は食べきれません。小食ではないのですが、1/3ほど残してしまいます。

庶民の味がする三八ラーメン店の皿うどんのご紹介です。

「三八ラーメン」の皿うどんは庶民の味 細麺がおすすめ

まとめ

皿うどんの細麺を食べるなら蘇州林が1位でおすすめになります。細麺の香ばしさ餡の具合が絶妙で味は丁度良く、とても美味しいです。

次におすすめしたいのは、2位、天天有です。餡かけが特に美味しいですよ。
3位は寿々屋、4位は三八ラーメン、5位は共楽園、6位は中華園、7位は桃華園です。

最低な皿うどんは桃華園の皿うどんです。食べるべからずといったところでしょうか。

これからももっと皿うどんを食べて記事を増やしていく予定です。今日もありがとうございました。

スポンサーリンク