長崎新地中華街「桃華園」の皿うどんは覚悟して食べるべし

長崎新地の中華街の桃華園の皿うどんが、とても不味く食べられたものではありません。

皿うどんはどんな味付けなのか分かってない方が作ったとしか思えないほど、色んな味が混ぜられてます。

中華味やお醤油味、塩味、お砂糖の味。

長崎の新地中華街のど真ん中にありながら、食べに行く方がいらっしゃるのでしょうか。

私みたいに入ってみた事がないから、入ってみようと思う方もおられるかもしれません。

そんな不味い皿うどんなら一度、食べてみたいわ、と思う方がおられるかもしれません。

私としては不味い皿うどんを食べて欲しくないので記事に書いているんです。

入るなら、もっと美味しいお店に入って欲しいですし、長崎の皿うどんというのは、こんなに不味い物なのだと思って欲しくありません。

そういう意味でのご紹介です。

覚悟してたべるべしとは、どんな味だったのかお伝えしますね。

スポンサーリンク

桃華園の皿うどんの味

皿うどんは注文してから、5分ほどでやってきました。

ゴマ油のいい香りがしてます。見た目で言うと、大雑把な具材の切り方が目につきます。桃華園の皿うどんは細麺と太麺を選ぶことができるので、どちらが良いか伝えます。細麺でお願いしました。

皿うどんは野菜と魚介類、かまぼこを入れて炒めた餡がこちらです。

油のテカリが分かるでしょうか。美味しそうに見えますね。

細麺はこういう感じです。

具材はキャベツ、もやし、人参、きくらげ、イカ、豚肉、他にも入っていたかもしれません。

麺を最初にいただいてみましたが、しんなりしてます。まだ1分ほどしか経ってないのにあり得ません。

底の麺を取出したのがこちら。香ばしさとは無縁の麺です。古臭い感じなんですね。

野菜と共に食べてみると、麺と野菜と餡が全てバラバラです。味付けは甘味だけが口に残ります。

正直に言って不味いです。5口ほど食べてみましたが、食べれば食べるほど不味くなりゴロゴロした野菜が出てくるんですね。

どれだけ手を抜いたとしても、これほど不味いのは余り出会ったことがありませんが、長崎の新地中華街ではあり得る事だと思いました。

食べていくと豚肉の味だけがしてくるので一体、何を食べているのか分からなくなるんです。

見た目は皿うどんですが、久々に出会った皿うどんです。

こういう味の皿うどん、食べてみたい方もいらっしゃるかもしれません。

居ないとは思いますが、もし行かれるのであれば覚悟して行ってきて下さいね。

一応、お店の情報も載せておきます。

◆お店の情報です。
桃華園
長崎市新地町9-9
電話:095-824-2531
皿うどんの税込価格:864円

スポンサーリンク

桃華園の皿うどんのまとめです

久しぶりに出会った皿うどんの味をご紹介しました。

あまりに美味しくないので書くのを止めようとも思ったのですが、こういう味もあるという事を伝えたいと思い書かせていただきました。

時間は夕方5時近くで開いているお店はなく、入った事がなかった桃華園。いい機会だったので入りましたが、お客さんは一人も居らず、貸切状態でした。

お店はこういう外観です。

お店の中は広々としているんですね。お客さんは誰一人、入っておられませんでした。

結局、5口だけの皿うどんとなりましたが、それでも味はしっかり脳裏に焼き付いてしまいました。

美味しいものと出会うと嬉しくなりますが、こういう事もあるんですね。

長崎の中華街で食べたランチ情報です。
【長崎新地中華街】食べ歩きマップとランキング【ランチ編】

スポンサーリンク