安くて美味しい長崎の皿うどん、おすすめは「寿々屋」

長崎の皿うどんが有名な寿々屋で皿うどんをいただきました。

寿々屋の皿うどんの量は2人分ほどで一人では食べきれないです。

甘めに味付けされた皿うどんの麺は超極細麺でバリバリという感じ。

餡がかけられていてもちっとやそっとでは麵はしなっとなってきません。

皿うどんをお腹一杯に食べたい、美味しい皿うどんを食べたい、そんな方に寿々屋の皿うどんの味をご紹介しています。

スポンサーリンク

寿々屋の皿うどんの味

すずや皿うどん1

超極細麺の上にかけられた餡の上には錦糸卵がぱらぱらとかけてあります。

具材はキャベツ、もやし、ネギ、豚肉、かまぼこ2種類、エビ、イカ、きくらげ。

キャベツは丁寧に刻まれ、芯の部分が見当たりません。

超極細麺が香ばしいですよ。

すずや皿うどん2

こういう麵を食べるのは初めてなのですが、パリパリと言う感じではなくバリバリしているんですね。

更に大盛りなので驚くと、残ったらお持ち帰りくださいとの事。

小皿も出して下さいます。

すずや皿うどん3

餡と麺が絡み絶妙な味になってきます。

すずや皿うどん4

しっとりしているようでも麵はしっかりバリバリのまま。

すずや皿うどん5

食べていると寿々屋の人気の秘密が分かる気がしてきました。

この半端ない量といい、気さくな雰囲気が、また行きたいと思わせるところなのかもしれません。

彩りもキレイですね。

すずや皿うどん6

麺も餡も驚くほどの量で豚骨と鶏ガラを合わせたスープがコクを出しているんです。

寿々屋の味付けは甘めになっているので、お好みでソースをかけていただきます。

結局、私は半分しかいただくことができませんでした。

すずや皿うどん8

それほど量が多いので2人で行ってお寿司などをいただきながら半分ずつ食べるのがいいかもしれません。

量が多いのでカロリーも高いと思います。

旅行の雑誌などに必ず載っているんですよ。ちゃんぽんも美味しいそうなので次はちゃんぽんをいただきたいです。

るるぶすずや

2人前の皿うどんの量で650円です。

安いし美味しい、そして残りの入れ物を下さいました。

こういうところも親切ですね。半分、テイクアウトです。

◆寿々屋の情報です。
長崎県長崎市十人町10-15
電話: 095-822-0996
定休日:日曜・祝日
営業時間:10:00-19:00

スポンサーリンク

寿々屋はこんなところ

すずや店1

お店の中は食堂といった感じです。

壁一面に芸能人のサインが飾られてました。

すずや店2

新地中華街から近くの石畳ショコラのお店、「ネオクラシッククローバー」から真っ直ぐに行きます。

すずや道順1

真ん中に見える坂道を上って行くと右手に「陶々亭」が見えてきます。

すずや道順3

更にまっすぐ行くと左手にクリーニングの看板が見えてきます。

すずや道順4

更に真っ直ぐ歩いて行きますよ。

すずや道順5

右手にレンガの建物があるのでそこを通り過ぎ、植木が5つほど塀に並べてあるところが寿々屋です。

道路から見えにくいですが思ったよりは近くて歩いて行くのにちょうといい感じでした。距離としては100mほどなので時間のある時に行ってみて下さいね。

スポンサーリンク

寿々屋の皿うどんのまとめです

寿々屋に入ったら、お茶がいいか、お水がいいか聞かれました。

どちらでも良いと答えるとお茶が出てきましたが、このお茶も美味しかったです。

お茶をいただいてる間に皿うどんが出来上がり運ばれてきます。

るるぶには80歳の店主と書いてあるのですが、お寿司も美味しいよとおっしゃったのでちらし寿司を買って帰り、食べたのですが、これも美味しかったです。

味付けは甘めになりますが、長崎の味付けは大体、甘いのですね。

なのでこの味は長崎の人に好まれ、親しまれているのだと思いました。

名前は知っていても行ったことがない方が多いと思われる寿々屋。

皿うどんだけではなく、お惣菜も人気があるようで、ケースには所狭しと並べてありました。

どこか懐かしい感じがする食堂です。美味しくいただきました。おごちそうさまでした。

スポンサーリンク