梅の花のランチメニュー「梅ランチ」は素材が違っても味が同じってどういう事?食べてみて分かるメニュー内容

ランチをいただく時に、セットメニューの内容は大事だと今回、とても思いました。

一品、一品を食べると飽きてこないのかもしれませんが、立て続けに来るお料理が似たり寄ったりの味だと飽きてくるんです。

今回はまさにそういう感じでした。

今回、いただいたのは梅ランチでお値段は1720円。

梅の花って結構、お高いイメージがあり美味しいという方と、美味しくないとおっしゃる方がはっきりしているんですね。

ですが女性には嬉しい大豆を使ったお料理の数々がメニューにはあるので、こういう部分が人気なのかもしれません。

梅の花に行ってみたことがないけど、どんな味?

似たり寄ったりの味ってどういう事?

何が美味しいの?

そういう方へご紹介しています。

スポンサーリンク

梅ランチの種類は多いけど、まとなりのない味

注文してから10分ほどで最初のお料理が来ますよ。

その後、直ぐに来るのは煮物です。

蓋を開けると、どんな香りがするのかと思ったのですが特に香りはありません。

茶碗蒸しと豆腐のサラダと小鉢です。

お豆腐のサラダには大豆を香ばしく炒った物も入ってて食感がとても良いですよ。下の方にお豆腐が入っているんです。

そして上からかけられているチャーメンの極細とでも言うのでしょうか、これが味のポイントになっててパリパリ、ポリポリです。

アッサリした味付けが美味しいです。

茶碗蒸しは普通で、どこにでもあるような味でした。特に美味しいとかありません。

小鉢には糸こんにゃくと、おからだと思いますが、この小鉢と茶碗蒸しの出汁が同じ味のようでした。

そして煮物と称される物もどことなく味が似ているんです。湯葉などが入ってますが、基本の味が同じで食感が違って、もちっとしてました。

次に来たのが生麩の田楽でよもぎ味ともう1本は忘れてしまいましたが、揚げた湯葉と共に出されます。

見た目から色が綺麗ですね。この田楽と湯葉のセットがお店で買えるんです。

レモンを絞っていただきますよ。

思いっきりボケてますがよもぎの風味が割と強くて美味しいです。

もちもちっとした食感で食べやすく、味は甘味噌の味しかしない方です。

揚げた湯葉は外側がカリッとしてて中身はもちっとしています。お塩をパラっとかけただけのようで美味しいです。

次は、季節の飯物、鰻セイロ、和風ドリアから選べ、和風ドリアにしました。

これが失敗だったと思うのですが、田楽が口直しになり美味しいと思っていただいたのに、和風ドリアは、更に同じような味付けで飽きが更に強まってきます。

香の物はお漬物です。

ドリアの量は少ないので食べてしまえますが、色んな食材のお料理が来て、ご飯物だったら白いご飯でよかったのにと思いながら食べました。

湯葉の入ったお吸い物も同じ味がして残してしまいました。

最後はデザートで豆乳アイスの黒蜜掛けです。

黒蜜の風味が良く甘く美味しいです。

こうやって自分がランチにいただいたものを書いていると味を思い出すのですが、梅の花はお店の雰囲気や対応が良いのですが味が二の次になっている気がします。

美味しいものもあるのですが、もっとアッサリしたメニューも中に入れたら良いのではないかな、そう思いました。今回と同じメニューを次回も食べたいとは思いません。

今回、いただいたメニューです。

◆お店の情報です
梅の花 メルカ長崎店
長崎市築町3-18 メルカつきまち
時間:11時00分~16時00分 17時00分~22時00分
電話:095-832-6580
梅ランチ:1720円

スポンサーリンク

長崎の梅の花の梅ランチのまとめです

いつもランチを食べるとき、私はあまり値段を気にしません。

食べたいものを食べようと思っているので美味しいと思うお店には何度も通います。

そして何度、食べてもやはり美味しいんですね。

今回はお誘いがあったので久しぶりに梅の花に行ってみたましたが、変わらなくメニューの中身がバラバラで食べる側の事を考えているのかな?そう思いました。

選択するお料理も中にはありますが、どれを選んでもそうは変わらないと思います。

梅の花が嫌いという事はなく、いつも出される料理の一つ、一つに愛情が感じられないです。

これだけ出せば納得でしょう的な感じとでも言うのでしょうか。

感じ方は人それぞれなので、私は今回、こういう風な味でしたよ、こう感じましたよ。それをお伝えしています。

不味いんだってー!

その一言で済ませば早いのですが、不味い訳でもなく、まとなりのなさを強く感じました。

スポンサーリンク