とんかつの衣がサクサクの長崎のいなば和幸のランチはご飯とキャベツとお味噌汁がお代わり自由

長崎の夢彩都にあるとんかつのお店、いなば和幸の魅力はお代わりができるところ。

1回だけではなく何度もお代わりができるそうです。

とんかつのお肉はヒレ、ロースから選べます。

今回、ご紹介するのは定番のロースかつランチ。

ロースとんかつと山盛りのキャベツがお皿に盛られ、ご飯とシジミのお味噌汁と漬物がセットになってます。

シンプルなとんかつランチは女性ならお代わりしなくても丁度良いと思いますが男性ならお代わりして満腹になれます。

美味しいとんかつを食べたい、ご飯が大好き、満腹になるの?

そういう心配がある方に夢彩都の、いなば和幸をご紹介しています。

スポンサーリンク

お代わりするなら安いと思うロースとんかつランチはこんな味

ロースとんかつランチはこれが全てで手前左にある空っぽの赤いお皿はソースの入れ物です。

とんかつは5切れになっていて衣が美味しそうに付いているんです。

キャベツは紫キャベツで彩を付け美味しそうに見えます。

ご飯は丼で来るのかと思ったら、お茶碗の少し大きめの器に入ってます。

お味噌汁は具がない感じに見えますね。ネギでも入っていたら見た目も良いですね。

きゅうりのお漬物です。

ソースはテーブルに置いてあるので好きなだけ使えます。

小皿にソースを入れて早速、いただいてみますよ。

ロースとんかつは厚みも程いい感じです。

ソースを付けていただいてみると、衣がとてもサクサクしていています。

サクサクするのは最初の一口だけで口に入れるとそうでもありません。それに塩と胡椒の味が割と強いです。

お肉は丁度良い固さで臭みもなく美味しいですが、どちらかと言うと脂身がすくないのでジューシーな訳ではありません。

とんかつが乗せてあるお皿には網がのせてありますよ。

衣が取れやすいのでソースのお皿にポロポロと落ちるんです。食べていてとんかつってこういう風に衣が取れたかな?と思いました。

キャベツはテーブル上にある青じそのドレッシングをかけていただきました。

包丁で切られたキャベツではないので口に入れるとしなっていて食感が紙みたいで不味くはありませんが、美味しくもありません。

お味噌汁は、お箸で探ると具のシジミが見えてきます。

具はシジミですが、シジミの量が少ないためかお味噌の味しかしませんでした。

ご飯は特に香りはしてこないです。

いただいてみると、とんかつを揚げる間にご飯をよそったようで表面が冷めています。

熱々かと思って食べたらひんやりしていて驚きました。中の方は生暖かい感じです。

一通りいただきましたが、とんかつは揚げ立てで美味しいのですが、お味噌汁とご飯が冷めていた所が残念でした。

とんかつがメインでご飯とお味噌汁は脇役になりますが温かいものは温かくして出していただきたいですね。

今回、いただいたメニューです。

日替わりランチもありますよ。

◆お店の情報です。
とんかつ いなば和幸
長崎市元船町10-1
営業時間:11時00分~22時00分
電話:095-832-6348
定休日:無休
ロースかつランチのお値段:940円

スポンサーリンク

いなば和幸のとんかつランチのまとめです

お店は夢彩都の4階になります。

明るい雰囲気で感じの良いお店でした。

キャベツとご飯とお味噌汁がお代わりできるのが魅力だと思うので男性のお客さんも多かったです。

いなば和幸のとんかつは脂っこくなくて食後も胸焼けすることはありませんでしたが、衣が取れやすいので口の周りに付いて食べにくさを感じました。

とんかつを一口で食べてしまえば、衣も外れる事がないのかもしれませんが食べ方も人それぞれなのでもっと食べやすかったら良いですね。

お店に入ると熱いお茶が出ますがお水を下さいと伝えると冷たいお水をいただけます。

食後にはまた違った温かいお茶が出てきます。

入りやすいお店なので一人で入っても大勢で入っても対応して下さいますよ。

今日も美味しくいただきました。

同じ4階にある出汁がとても美味しい「そじ坊」です。一度、食べてみて下さいね。
◆美味しい蕎麦を食べたい時は長崎夢彩都のそじ坊をおすすめ おつゆの味がとても良い

おごちそうさまでした。

スポンサーリンク