長崎の岩永梅寿軒の鯉菓子は餡がたっぷり入って生地がもちもち 通販でも人気

こどもの日の鯉菓子を長崎の岩永梅寿軒で買ってみました。

丸鯉の緋鯉と真鯉は、生地がもちもちしていて白餡とよく合い、とても美味しいんです。

本日からの発売で予約注文して取りに行ってきました。

岩永梅寿軒では丸鯉と長鯉の2種類があります。

今回は丸鯉を選びましたが、1つの重さがずっしりしていて、餡がたっぷり入っているんです。

お店のサイトでは、通販も取り扱っていて人気があります。

誰かに送りたい方は早めの方がこどもの日に間に合うと思いますよ。

岩永梅寿軒の鯉菓子はどんな味なのだろう、鯉菓子の餡はどんな餡になっているのだろう、買ってみたいけど美味しいの?そういう方へご紹介しています。

スポンサーリンク

丸鯉は緋鯉と真鯉 賞味期限は6日間

予約注文していた丸鯉2尾です。箱も自宅用なので簡易箱で箱代は要りません。

黄色いのが緋鯉でオレンジ色のが真鯉です。

緋鯉は表面から見た時、小豆餡みたいなんですね。真鯉は白餡だと思います。

1個ずつ袋に入れてあり、表面には薄いビニールのカバーがしてあります。

袋から出してカバーを取っても表面は寒天で光ってキレイですね。

厚みはこれ位で、手に取るとずっししていて重く感じますよ。

鯉の鱗の模様もちゃんとあるんです。

底を見たいので引っくり返すとこんな風になっていました。見ない方が良かったですね。

緋鯉と真鯉は色から真鯉が目立ち、美味しそうに見えてますが緋鯉から切ってみました。

緋鯉は小豆餡だと思ったら白餡だったのでビックリです。

真鯉は緋鯉と大きさも重さもほぼ変わりません。

真鯉はキレイなオレンジ色で表面には緋鯉と同じように鱗の柄があるんですね。こういう柄はどうやって付けるのでしょうね。

切る時は和菓子用に付いていたナイフで切れましたよ。

真鯉も切ってみると、切りやすく生地がもちもちしているのが分かります。

半分の量ほども食べられないので更に切ってお皿にのせました。

一度に食べるなら丸鯉の6分の1ほどが丁度いいです。

賞味期限が気になりますが、5月4日までとなっているので6日間になります。

毎日、6分の1ほどを食べたとして食べ切ってしまいますね。

お皿にのせた丸鯉の切り身をいただいてみると、生地が求肥に似てますが、それよりももっと餅に近い食感です。

白餡の甘さが程よくてとても美味しいですよ。

やはり、岩永梅寿軒の鯉菓子は最高に美味しいと思います。

丁寧な作りの餡と生地がマッチしていて美味しくいただきました。

やはり、鯉菓子は岩永梅寿軒に限ると新たに思う程、美味しかったです。

通販はこちらからできるようですよ。
岩永梅寿軒の鯉菓子のページです

◆お店の情報です。
長崎市諏訪町7-1
電話:095-822-0977
営業時間:10時00分~19時00分
定休日:概ね毎火曜日
定休日:概ね毎火曜日

◆商品の情報です。
丸鯉1尾(箱なし):税抜価格980円
大きさ:9cmから10cm
重さ:240g
厚み:2.5cm-3cm

スポンサーリンク

岩永梅寿軒の鯉菓子のまとめです

岩永梅寿軒のお店では店頭で長鯉も丸鯉も販売されてましたが閉店時にはきっと売り切れていると思います。

本日、4月29日、土曜日からの販売なので食べてみたい方はお店に行かれると良いと思います。

こどもの日のお祝いにいただく岩永梅寿軒の鯉菓子は、和菓子の美味しさがぎゅっと詰まった味でした。

年中、食べられる物ではないので、期間限定の販売時にはこどもに戻って懐かしむのも良いかもしれませんね。

久しぶりに岩永梅寿軒の和菓子を食べてやっぱり美味しいお店は何を作っても美味しいのだと感じました。

この鯉菓子を食べると他を食べられないのではないでしょうか。それ程、美味しかったです。

岩永梅寿軒の桃カステラもとても美味しいですよ。
長崎グルメの桃まんじゅう 桃カステラと違う味わいはお土産におすすめ

今日もおごちそうさまでした。

スポンサーリンク