新地中華街の「会楽園」のちゃんぽんは濃くがあって美味しい~まっぷる長崎

長崎新地中華街で食べるちゃんぽん、お店がたくさんあって、どこに入ったらいいか分からない時におすすめしたいお店は会楽園です。広々とした店内で食べるちゃんぽんはスープも麺も本格的。コクがあって美味しいちゃんぽんの味をご紹介します。

スポンサーリンク

長崎新地中華街の会楽園

立派な門構えの会楽園です。馬が二頭、左右にあるのでお店は分かりやすいですよ。

中華街行き方6

会楽園で今日はちゃんぽんを食べたいと思います。
旅のガイドブックまっぷるにも載ってます。

まっぷる2
スポンサーリンク

会楽園のちゃんぽんの味

中華街会楽園ちゃんぽん1

今回は普通のちゃんぽんを注文しました。

中華街会楽園メニュー2

お店は広くて、とても親切な対応をして下さいます。これが第一印象です。こういう風な対応だとちゃんぽんの味に期待しますね。

会楽園のちゃんぽんの姿です。量が少なそうに見えてますが、スープがたっぷり目になってそう見えているんですね。

chanpon2

注文してから5分もかからずにやってきました。久しぶりに食べるちゃんぽんです。
香りが何とも言えない中華の香りでいっぱいですよ。

まず、スープから。

スープ

こってりとした濃厚なスープで、甘味を感じるスープです。

とてもキレイな色の麵です。美味しそうに見えますね。

中華街会楽園ちゃんぽん3

ちゃんぽんの具材は、キャベツ、もやし、ネギ、ちくわ、紅白かもぼこ、イカ、豚肉、貝でしょうか。他にも入っているかもしれませんが、気が付いたのはこれくらいです。

豚肉もイカも素材が新しいです。お店によっては古い材料を使っているところもあるので、新鮮な材料を使っているのは嬉しいですね。

中華街会楽園ちゃんぽん具材

そして、一番、驚いたことはスープがとても温かくて最後まで冷めていないところ。ラードを使っているのでしょうが、これは他のお店で感じた事はありません。最後まで温かいと食べていても最後まで美味しく感じるんですね。実際に美味しいのですが、更に美味しさが増すと言った感じに思えました。

半分ほど食べたところです。麵も伸びずに変わりないですね。

中華街会楽園ちゃんぽん4

会楽園のちゃんぽんは、味が他のお店のちゃんぽんと違う所があります。少し変わっているのですが、これはお店の特徴になっています。

ちゃんぽんの味は濃厚でアッサリしていて、甘さが少しありますが、食べていく内に何度もスープを飲みたくなる味なんですね。

そうかと言って味が濃いわけではなく、素材の味もしっかり出ていました。とても美味しかったです。中華街の中のお店で今回ご紹介したちゃんぽんは、おススメできる味だと思います。

お店の情報も載せておきますね。

会楽園のサイトです。

〒850-0842
長崎県長崎市 新地町10-16
電話:095-822-4261
営業時間:11時00分~16時00分
午後:17時00分~21時30分

スポンサーリンク

まとめ

長崎の人は誰でもとは言わなくても、週に一度はちゃんぽんを食べたくなるのではないでしょうか。実際、私はちゃんぽんとトルコライスを週に一度は食べたくなります。

どちらもカロリーは高いので我慢して食べませんが、そういう日常的に接しているちゃんぽんの味にうるさいのは当たり前なんですね。

長崎グルメの味に興味を持たれた方が観光で長崎に来られた時にちゃんぽんも食べますよね。観光で来られる人はこぞってまずいちゃんぽんを食べているんですね。

これが不思議で仕方ないところなのですが、どうせ食べるなら美味しいちゃんぽんを食べていただきたいので今回、ご紹介しました。ちゃんぽんの味は色々ありますが、お店の雰囲気も良くてゆったり寛ぐこともできる会楽園でちゃんぽんを食べてみて下さいね。今日もおごちそうさまでした。