長崎、新地中華街の会楽園のちゃんぽんはコクのあるスープがお好みの方へおすすめ

長崎新地中華街で食べるちゃんぽんは、お店がたくさんあって、どこに入ったらいいか分からない時におすすめしたい一つになります。

ちゃんぽんのスープにも色々あるので、会楽園ならコクのあるスープになっているので濃い目が好きな方なら行って欲しいお店になります。

ちゃんぽん麺も本格的で本場の味が楽しめます。

広々とした店内はお一人様でも入れるので気兼ねが要りません。

どうせ食べるなら、ちゃんぽんスープにコクがあるほうが良い、そういう方へご紹介しています。

どんな味?美味しいの?

そう思う時の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

会楽園のちゃんぽんの味

今回は普通のちゃんぽんを注文しました。

お店は広くて、とても親切な対応をして下さいます。これが第一印象です。こういう風な対応だとちゃんぽんの味に期待しますね。

会楽園のちゃんぽんの姿です。量が少なそうに見えてますが、スープがたっぷりなのてそう見えているんです。

注文してから5分もかからずにやってきました。久しぶりに食べるちゃんぽんです。
香りが何とも言えない中華の香りでいっぱいですよ。

スープからいただくと、こってりとした濃厚なスープで、甘味を感じます。

ちゃんぽんの麺はとてもキレイな色の麵で美味しそうに見えますよ。

ちゃんぽんの具材は、キャベツ、もやし、ネギ、ちくわ、紅白かもぼこ、イカ、豚肉、貝のようです。

豚肉もイカも素材が新しく香りもいいですよ。

お店によっては古い材料を使っているところもあるので、新鮮な材料を使っているのは会楽園ならではです。

そして、一番、驚いたことはスープがとても温かくて最後まで冷めていないところ。

ラードを使っているのでしょうが、これは他のお店で感じた事はありません。最後まで温かいと食べていても最後まで美味しく感じるんですね。

実際に美味しいのですが、更に美味しさが増すと言った感じに思えました。

半分ほど食べたところです。麺も伸びずに変わりないですよ。

会楽園のちゃんぽんは、味が他のお店のちゃんぽんと違うと思う所は濃厚でアッサリしていて、甘さが少しあるので麺とよく絡み美味しいんです。

そして食べていく内に何度もスープを飲みたくなる味なんですね。

そうかと言って味が濃いわけではなく、素材の味もしっかり出ていてとても美味しかったです。

中華街の中のお店で今回ご紹介したちゃんぽんは、おススメできる味だと思います。

長崎の中華街に行ってどこに入ろうかと悩んだ時に入ってみて下さいね。

◆お店の情報です。
会楽園
〒850-0842
長崎県長崎市新地町10-16
電話:095-822-4261
営業時間:11時00分~16時00分
午後:17時00分~21時30分
ちゃんぽんのお値段:850円

スポンサーリンク

会楽園のちゃんぽんまとめです

今回は会楽園でいただいたちゃんぽんの味をご紹介しました。

立派な門構えの会楽園の入り口になります。馬が二頭、左右にあるのでお店は分かりやすいですね。

お店は浜町方面から新地中華街に入って直ぐなのでお客さんも多いです。

お店の雰囲気も良く、丁寧に対応して下さるので一人で入っても大勢で入っても大丈夫なお店です。

ちゃんぽんの味はお店によってバラバラですが、ゆったり寛ぐこともできる会楽園でちゃんぽんを食べてみて下さいね。

長崎新地中華街でちゃんぽんや皿うどんなどを全店、食べましたよ。もっと他の物も食べたい、そういう時の参考にして下さいね。
【長崎新地中華街】食べ歩きマップとランキング【ランチ編】

スポンサーリンク