長崎のよひらの懐石料理は10種類あるけど美味しいと思ったのは和風しゃぶしゃぶのみ

長崎の「よひら」でいただいた懐石料理はどんな味だったのか10種類の味をご紹介します。

こういうお料理は雰囲気でいただくところもあるようで味は二の次。

お刺身の新鮮さも感じられず招待でのお食事でしたが満足できる内容ではありません。

たまたま、お魚が入らず不味いお刺身になったのかどうかは分かりませんが余りの不味さに驚きました。

一度、よひらで懐石料理を食べてみたい方、どういう内容のお料理が出てくるのかを知りたい方の参考になればと思い書かせていただきます。

スポンサーリンク

よひらは老舗なのに味は二流

今回のお品書きです。

先付 もろこし豆腐
前菜 七品盛
椀物 枝豆真文
御造り 季節の四種盛
焼物 鮎の塩焼き
蒸物 蓮根饅頭
洋皿 和風しゃぶしゃぶ
揚物 三種盛
食事 蟹雑炊
水菓子 マンゴープリン

一つずつご紹介していきます。

もろこし豆腐は4cmほどの大きさで、ほんのり甘さがありますが卵豆腐とそれほど変わらない食感と味がしました。

七品盛と比べると、もろこし豆腐の大きさがよく分かりますね。

七品盛の飾り付けが彩りも考えられ貝や島原産の豚肉で作られたハム、ミニトマト、枝豆がのってます。

どれも薄味になっていて食べやすかったですが、何せこの前菜も新鮮味が足りなくて古臭い味を感じました。

という事はきっと冷凍物が多かったという事ではないでしょうか。

次に来たのはお刺身です。

4種類のお刺身ですが、桜の花びらの形をした右上のお刺身が臭くて食べられませんでした。

私だけが臭かった訳ではなく、皆、ちょっと臭くて古いよね~と言ってました。

長崎に居ながらもこんなお刺身を食べるとは意外でしたよ。

お汁の椀は枝豆が入ったお豆腐ですが、よひらはとにかく椀物もぬるく来ます。香りを楽しむ事もできませんでした。

焼き物は鮎です。この鮎が小さくて可愛い鮎でした。

臭みはなく香ばしい香りと味がしてました。

蒸し物は蓮根を摺って入れたお饅頭と茄子の煮物が入ってます。

蒸してあるのでこれはちょっと温かくいただけました。蓮根饅頭の中にはキノコが入ってます。

よひらの懐石は量が少ないので、ここまで食べてもまだまだお腹が膨らみません。

唯一、美味しかった洋風しゃぶしゃぶです。お肉がとろとろで美味しかったですよ。

お出汁はポン酢の味がしてました。

野菜が煮立ったらお肉を入れて食べますが、お肉は二切れありました。

サッパリした味の後は揚物で3種類の天ぷらになります。小皿が天つゆです。

オクラと海苔とゴーヤでした。

ご飯がそろそろかな?と思ったらぬるい雑炊が来ました。

冷たいようなぬるいような雑炊は一口目から味が濃かったです。

お漬物は3種類。

最後はデザートでマンゴープリンなのですが、これはどこででも食べられるような味で特に美味しいとは感じられませんでした。

マンゴーの果肉も入ってます。

プリンがそれ程、マンゴーの味を出してませんがサッパリしていて食べやすかったです。

一通りいただき、食後の飲み物はないのでデザートをいただいたら解散です。

思った以上に満腹にはならず後味が悪い懐石料理となりました。

人によっては感じる味も違うとは思いますが私には美味しいと思うお料理が余りにも少なかったです。

参ったな~という感じで懐石料理の時間は終わりました。

◆お店の情報です。
和食 よひら
長崎市 船大工町5-7
時間:11時30分~15時00分 17時00分~22時30分
電話:095-824-3450
懐石料理のお値段:5000円

スポンサーリンク

よひらの懐石料理のまとめです。

前によひらでランチをいただいた時に美味しいと感じたので今回、懐石料理を食べてみましたが、残念な結果となりました。

お値段から考えると長崎市内だとこれ位のお値段でこれ位の味なのでしょうか。もっと美味しいと思っていたので反対に驚いてしまいました。

お店の場所によっても内容が違うんです。

思案橋近辺で味が良くてお値段もまあまあなら人気が出ると思うのですが。

おもてなしも良くて味も良い、そういうお店はなかなかありません。

先日、行った悠苑と比べると断然、悠苑の方が味が良いです。

量も多く新鮮なお魚をいただけました。

長崎の悠苑のディナーは種類も豊富でお刺身が美味しくておすすめ

よひらとは比べ物になりませんので懐石料理を食べるなら悠苑に行ってみて下さいね。

お食事は美味しい時も忘れませんが、不味い時も覚えているものですから、よひらには二度と行くことはないと思います。

次回はまた違った所へ行ってますね。

スポンサーリンク