「康楽」と「雲龍亭」ちゃんぽん食べ比べ 意外と知らないちゃんぽん麺

思案橋にある「康楽(かんろ)」人気店です。何度か食べに行ってますが、ちゃんぽん麺の色と食間が他のお店との違いが大きいです。築町にある「雲龍亭」普通の食堂といった感じのお店です。餃子もちゃんぽんも美味しいお店です。行列ができる有名店とすんなり入れる食堂の食レポさせていただきます。

スポンサーリンク

康楽のちゃんぽん麺は独特の味がする

お店は思案橋から少し歩いた本石灰町にあります。珍しく暗くなって食べに行ってきました。ドアのところでネコさんも順番待ちですね。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

並んで待つこと30分。メニューを見ると、ちゃんぽんは830円です。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

待ち時間40分ほどでやっとちゃんぽんがきました。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

ちゃんぽんの具はキャベツ、もやし、紅白かまぼこ、豚肉、貝、イカです。もしかしたら玉ねぎやネギも入っているかもしれませんが、大体それくらいです。

スープからいただいてみますよ。香りがとてもいいです。
康楽はどちらかと言うとスープにコクがあってアッサリしているんですね。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

次は麺をいただいてみます。麺の色が普通のちゃんぽん麺と違うのが分かるでしょうか。グレイっぽい色をしているんです。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

食べてみると、美味しくて麺も程よい食感があり「ちゃんぽん」を食べているという感じがします。更にスープが美味しくてたまりません。人気の秘密がスープなのだと分かる気がします。

でも、食べている内に麺がのびてきます。麺が伸びるのが早くてどう急いで食べても伸びます。これは何度か経験したので分かるのですね。

今日も変わりなくのびたちゃんぽん麺を食べることになりました。康楽のちゃんぽん麺はのびると不味くなります。ちゃんぽんを半分ほど食べるくらいまでは麺も美味しいのですが、それ以降はベタベタという感じがしてきてちゃんぽん麺ではなくなるんですよ。

この麺が伸びてしまうという所、食べる方たちは何も思わないのでしょうか、麺もちゃんぽんを食べる大事な食材なので私は気になります。

スープの味はとても美味しいのですが麺が不味くなるので、ちゃんぽんを食べようと思った時に避けてしまうお店になってしまいそうです。

◆康楽(かんろ)のお店の情報です
長崎県長崎市本石灰町2-18
電話:095-821-0373
定休日:月曜日

素材の旨みを生かしたちゃんぽんの味です。
るるぶに載ってる長崎の中華街ちゃんぽん「京華園」スープは野菜の旨みの凝縮

スポンサーリンク

雲龍亭築町店のちゃんぽんの味

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

雲龍亭築町店。暫く振りですが、相変わらず近所の食堂という感じは変わっていません。お店の中は色んな物でごった返しています。ここが安心できるところなんですね。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

席はカウンター席だけなので開店と同時に入らないと入れない時があるので開店時間に合わせて来ました。お店のメニューは壁に貼られてます。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

値段を見たら、思案橋あたりから比べたら安くちゃんぽんの具はこちらの方がたくさん入っています。出来上がったちゃんぽんです。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

エビが見えてますね、それに豚肉は解凍しないまま入れたでしょという感じの炒め具合です。これも愛嬌ですね。

スープからいただいてみますよ。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

色が薄めのスープですね。お店の方がおっしゃるには、スープは具がたくさん入っているからそれほど味付けなくても良い味を出すとの事です。スープはこってりではなくアッサリしていて美味しいです。

麵を見ると、とてもキレイです。ちゃんぽんの麵は黄色っぽい色になっているんですね。

康楽と雲龍亭のちゃんぽん食べ比べ、麵の違いが味を決める

間違いなくちゃんぽん麺です。食感もしっかりしてて美味しいです。コクがあまりないのでアッサリが好きな方には、おすすめのちゃんぽんになります。

◆雲龍亭築町店
ちゃんぽんのお値段:650円
長崎県長崎市築町2-8
電話:095-822-9321
定休日:日曜日

長崎新地中華街でちゃんぽんを食べたい時にお役立て下さい。
長崎でおすすめしたい新地中華街のちゃんぽん「会楽園」~まっぷる

まとめ

康楽と雲龍亭のちゃんぽんの食べ比べをしました。食べ物は好みで大きく分かれがちですが、ちゃんぽんの麺に使用する「唐あく」これが使われることによって、ちゃんぽんのスープを吸いにくくし、最後まで麺が美味しく食べられるのですね。

そこから考えたら康楽の麺はどういう風に作っているのかと思ってしまう部分です。ちゃんぽん麺はこしがあり、やきそばの麺の代わりに使うのは長崎では当たり前です。

麺の違いを見て下さい。これほど違いがあるんですよ。

康楽ちゃんぽん麵 雲龍亭ちゃんぽん麵

普通のやきそば麺と違って水分を吸いにくいので美味しく出来上がります。例えばラーメンのスープに入れても同じように麺がしっかりしたまま食べられるのです。

意外と知らないちゃんぽん麺、活用方法は様々あります。長崎グルメのトルコライスのスパゲティの代わりに使っているお店もあるほど、ちゃんぽん麺は活用しやすいのですね。今回の食べ比べ、スープの美味しさは康楽ですが、麺の美味しさを入れたら雲龍亭をおすすめします。今日も美味しくいただきました。おごちそうさまでした。

スポンサーリンク